ビーグレンでアンチエイジングするためには!

ビーグレンは独自の浸透テクノロジー【QuSome(キューソーム)】で、タイプ別のあらゆるお肌の悩みに対して解決してくれる商品になっています。
ビーグレンのメリットは浸透力であり、確実に肌の浸透部まで有益な成分を届けてくれるところにあります。。

それぞれのお肌のお悩みに対応するビーグレンの化粧品《特集》
 

ビークレン

ビークレンの【大人のニキビケア】の特徴

ビークレンの大人ニキビ改善プログラムはここが違う!
1.ビーグレンの独自浸透テクノロジー
・美肌成分を超微小カプセルに包み込み角層の奥※まで浸透させることが可能!
2.「吸着」という新しい洗顔方法
こすることなく皮脂汚れやニキビ菌などを吸着する!
3.ビークレンのニキビ改善4ステップ
ニキビ洗顔うるおい吸着炎症鎮圧保湿バリア

【価格】1,800円ニキビケアトライアルセット7日分)+365日返金保証付

 
 

ビーグレン

ビーグレンの【ニキビ跡ケア】の特徴

陶器のようなツルっとした素肌を目指すには!
1.メラニンの沈着を防いで肌の生まれ変わりをサポート!
「いたわる」「立て直す」「予防する」⇒理想的なケアを実現!
2.ビークレンのニキビ跡ケアプログラム
炎症で弱った肌をいたわりながらニキビの痕跡を感じさせない肌へ導く!
3.ビーグレンの独自浸透技術『QuSome』で解決!
キューソームで角層の奥まで成分を届けることに成功!

【価格】1,800円ニキビ跡ケアトライアルセット7日分)+365日返金保証付

 
 

ビーグレン

ビーグレンの【毛穴・黒ずみケア】の特徴

ビークレンの『毛穴の黒ずみ・開き』の驚きの効果!
1.毛穴の中の汚れをしっかり落とす!
・マイナスイオンの泥洗顔で黒ずみ・汚れがスッキリ!
2.毛穴の乾燥を防ぐ!
・乾燥を防ぐ成分で届いて浸透させる!
3.ビーグレンの独自浸透技術『QuSome』
キューソームで必要な成分を肌トラブル元までしっかり届ける!

【価格】1,800円毛穴ケアトライアルセット7日分)+365日返金保証付

 
 

ビーグレン

ビーグレンの【目元ケア】の特徴

『見た目年齢』が劇的に変わる!ビークレンの目元ケアの秘密
1.目元専用プログラム
・目元の6つの悩みに同時にアプローチする!
2.目元の悩みは多種多様
・シワ対策だけの目元ケアでは不十分です!
3.ビーグレンの独自浸透技術『QuSome』で解決!
キューソームは15種類の美容成分を超微小カプセルに含有

【価格】1,800円目元ケアトライアルセット7日分)+365日返金保証付

 
 

ビーグレン

ビーグレンの【美白ケア】の特徴

ハイドロキノンでシミを薄くするホワイトケアプログラム
1.シミを薄くするためには濃くなったメラニンを薄くする成分が必須
ハイドロキノンでシミを薄く目立たせなくする!
2.明るい肌に導く5ステップ
5ステップで確実に薄くして、透明感のある理想の肌にします!
3.ビーグレンの独自浸透技術『QuSome』で解決!
キューソームで皮脂を通過して肌の奥まで浸透できる!

【価格】1,800円ホワイトケアケアトライアルセット7日分)+365日返金保証付

 
 

ビーグレン

ビーグレンの【たるみ・ほうれい線ケア】の特徴

ほうれい線と決別する『たるみ・ほうれい線ケアプログラム』
1.ほうれい線はシワでは無い!
・「シワ」とは異なったケアが必要です!
2.ビークレンなら『ほうれい線専用』の化粧品があります!
『ほうれい線ケア専用プログラム』で全ての原因の「たるみ」を無くす!
3.ビーグレンの独自浸透技術『QuSome』で解決!
キューソームで5つのリフトアップ成分で3つの原因を解決する!

【価格】1,800円ほうれい線ケアトライアルセット7日分)+365日返金保証付

 
 

ビーグレン

ビーグレンの【浸透保湿ケア】の特徴

浸透力が肌を変える!『浸透保湿ケアプログラム』
1.保湿成分を与えるだけではすぐに肌が乾燥してしまう!
・ビーグレンなら保湿成分を与えるだけではない『浸透保湿ケア』を開発!
2.肌の水分保持機能を改善する独自の複合成分!
キューソームモイスチャーバリアコンプレックスで効果の違いを実感!
3.ビーグレンの独自浸透技術『QuSome』で解決!
キューソームで必要な箇所に必要な成分を必要な量を届けることに成功!

【価格】1,800円浸透保湿ケアトライアルセット7日分)+365日返金保証付

 
 

ビーグレン

ビーグレンの【深いシワケア】の特徴

もう深く刻まれたラインに悩まされない!『深いシワケア専用プログラム』
1.年齢サインにピンポイントで働きかける2種類のビタミンA
「レチノールプラス」即効性のカプセル化されたピュアなレチノール
「レチノイン酸トコフェリル」ビタミンEを加えることで肌への刺激を抑えたハイブリッド成分
2.2つの重要な成分を安定的に肌の奥に届け長時間効果を発揮させる!
3.ビーグレンの独自浸透技術『QuSome』で解決!
キューソームで角層の奥まで成分を届けることに成功!

【価格】1,800円深いシワケアトライアルセット7日分)+365日返金保証付

 

 

効果的な保湿方法

正しい方法で洗顔して下準備できたら、次は保湿です。もちもちな肌を手に入れるためには、洗顔が終わったらすぐに肌に水分を与えることが大切です。

 

洗顔後はとりあえず化粧水をして、その後、乳液やクリーム、最後に美容液という順にお手入れをする方は多いと思います。ところが、この順番は大きな間違いなのです。乳液やクリームは油分が多く含まれており、それらを先に付けると肌を油膜が覆うので、その後に美容液を付けても、せっかくの美容成分が浸透しにくくなってしまうのです。そのため、洗顔後の保湿は、化粧水、美容液、乳液やクリームの順で付けましょう。

 

それでは、美容液を効果的に付ける方法です。入浴後は、毛穴が開いているので、このタイミングで美容液を数回に分けて塗り重ねると、より美容成分が浸透します。また、洗顔後、顔に蒸しタオルを30秒くらい乗せると、肌の毛穴が開いて美容成分が浸透しやすくなります。

 

化粧水の付け方にもポイントがあります。化粧水はサッと付けるだけ、という方も多いと思います。でも、しっかりと肌に吸収させるには、肌全体に化粧水をなじませてから、両方の手の平で押し込む「ハンドプレス」すると良いのです。ハンドプレスすると、手の温かさによって浸透力がアップし、水分の蒸発も防ぐことができるのです。また、化粧水はたっぷりと3回は付けるとより効果的です。

 

乳液は、手の平に500円玉くらいとって、おでこ、頬、目の下にちょんちょんと付けます。手の平に残った乳液は、指先でよくなじませて、顔の中心から外側へ広げていきます。鼻やあごは皮脂の分泌が多いので、軽く手で押さえて温めるようにして乳液を浸透させます。決して強くこすらないようにしましょう。

就寝前の保湿方法

夜の10時から午前2時は、“肌のゴールデンタイム”と呼ばれ、新陳代謝を活発にし、肌ダメージを修復してくれる時間です。その時間に寝ていることはとても大事で、さらに、寝る前に肌の保湿をしっかり行うことによって、次の日の肌状態に大きな影響を与えるほどです。

 

寝ている間は、コップ1杯の汗をかくと言われ、どんどん体は乾燥していきます。これは、肌についても同じで、寝ている間に水分が蒸発して乾燥していくのです。そのため、寝る前に保湿を行うことが大切なのです。

 

女性にって夜の時間帯は、1日の仕事を終えて家に帰ったり、家事や育児を済ませたりして、自分の時間がやっと確保できるリラックスタイムですよね?そして、メイクを落としてスッピンになると、とても解放された気分になれると思います。そんなリラックスした時間に、自分へのご褒美として丁寧なスキンケアを行うと良いでしょう。

 

美肌効果を積極的に求める場合は、お手入れの最後にクリームを取り入れましょう。乳液だけでも保湿効果はありますが、クリームは油分を多く含んでいるので、皮脂の分泌が少ない乾燥しやすい部分を効果的に保湿できるのです。乾燥がそれほど気にならなくても、目元と口元はクリームで補うようにしましょう。そうすることで、シワの改善にも効果的です。

 

乾燥が気になる方は、ティッシュパックがおすすめです。方法は、数枚のティッシュを4等分にして、化粧水をたっぷりと染み込ませます。そして、顔全体に張り付けて、2~3分くらい経ったら外します。3分以上付けると、逆に水分が蒸発してしまうので、気を付けましょう。

 

また、保湿クリームにオイルを1~2滴加えて、よく混ぜてから肌に付ける方法もおすすめです。この方法は夜だけでも良いですが、乾燥肌の方は朝と夜のスキンケアで行うと良いです。

 

ビーグレン

>>それぞれのお肌のお悩みに対応するビーグレンの化粧品はこちらが参考になります!<<

メイクの上からできる保湿方法

朝出かける前にしっかり保湿しても、外の空気や室内のエアコンなどの影響で、日中には肌がカサカサに乾燥してしまう、という悩みをもっている乾燥肌の方も多いと思います。そんな悩みを解決してくれる、メイクをした上からでもできる保湿方法を紹介します。

 

日中に行う保湿のタイミングは“化粧直し”の時です。メイクを直すのと同時に、これから紹介する方法を行うことで、日中も肌の保湿することができます。やり方としては、ミスト化粧水を使う方法と、乳液や保湿クリームを使う方法があります。

 

ここでは、ミスト化粧水を使う保湿方法を紹介します。最初に、ティッシュを使って、余分な皮脂を取り除きます。皮脂を取るために「あぶら取り紙」を使う方も多いでしょうが、乾燥肌の場合、あぶら取り紙だと油が取れ過ぎて、必要な皮脂まで除去してしまうことがあるので使わない方が良いです。

 

余分な皮脂を除去したら、メイクの上からミスト状の化粧水をシュッと吹きかけます。ミスト状で粒子が細かいので、メイクくずれの心配もなく保湿することができます。携帯用の小さめのミスト化粧水も売られているので、お出かけの際におすすめです。

 

ファンデーションでメイク直ししたら、最後にミスト化粧水をもう1度ひと吹きさせます。保湿だけでなく、ファンデのひび割れの防止にも効果的です。ただ、ファンデの上からミスト化粧水を吹きかけ過ぎると、メイクくずれの原因になるので、必ず“ひと吹き”に気を付けてください。

夏の保湿方法

冬は空気が乾燥するので、肌も乾燥しやすくなります。でも、暑い夏は湿気や汗で肌がベタベタするので、保湿ケアなんて必要ない、なんて考えている人も多いでしょう。しかし、夏でも肌は乾燥しますし、保湿も怠ってはいけないのです。

 

夏はとても暑く、最近では、ほとんどの場所で冷房が効いていると思います。そして、その冷房に長く入っていると、空気が乾燥し肌も乾燥してくるのです。また、皮脂で顔がテカテカになるのを抑えるために、あぶら取り紙で何回も拭いたり、何度も顔を洗ったりする人もいますが、そうすると肌の内側が乾燥する“インナードライ肌”になってしまいます。

 

乾燥すると、毛穴が詰まりやすくなって、吹き出物ができやすくなってしまいます。さらに、肌の水分が少ないので、肌の生まれ変わりの“ターンオーバー”の機能が低下し、老化現象を促す原因にもなるのです。

 

このように、夏も肌は乾燥し、それを放置しておくと、さまざまな悪影響が現れるので、夏でもしっかり保湿を行う必要があるのです。でも、暑さや湿気でベタベタする夏は、冬と同じ保湿方法では絶対に続かないでしょう。それでは、暑くて嫌になる夏でも、簡単で快適に行える保湿方法を紹介します。

 

洗顔は、たっぷりの泡で優しく洗います。汗をいっぱいかいたからといって、ゴシゴシと何度も洗うと、さらに肌の乾燥を悪化させてしまうのでやめましょう。

 

洗顔をしたら、すぐに化粧水をつけましょう。化粧水は、手に少量ずつ取って肌になじませることを数回行うことで、肌に浸透させます。

 

お風呂上がりにクリームを付けるとベタつくから付けたくない、という人もいるでしょう。しかし、化粧水だけで済ますのは良くありません。なぜなら、せっかく浸透させた化粧水の保湿成分を蒸発させてしまうからです。十分保湿するためには、クリームや乳液でしっかり閉じこめる必要があるのです。クリームのベタつきが気になる場合は、クリームの後にベビーパウダーを付ければ、サラッとしていて気にならないので、ぜひお試しください。

 

保湿ケアは面倒と思ってしまうかもしれませんが、それほど手間のかかることではありません。季節に応じた保湿方法で、毎日積み重ねることによって良い効果が発揮されます。美しい肌を保つためにも、がんばりましょう。

 

ビーグレン

>>それぞれのお肌のお悩みに対応するビーグレンの化粧品はこちらが参考になります!<<

インナードライ肌を改善する方法

皮脂が多く分泌されるから、入念に洗顔を行っているのに、いつも肌がテカっていたり、ニキビができたりして悩んでいる人はいませんか?このような人は、「インナードライ肌」の可能性が高いです。

 

インナードライ肌だと、このほかにも、肌のキメが荒くて毛穴目立つ、カサついたりゴワついたりする、テカっているのにつっぱる、化粧のりが良くない、保湿ケアしても乾燥する、などの症状があります。

 

インナードライ肌とは、肌の表面は潤っているように感じますが、肌の内側は水分が不足している状態のことです。水分が不足して乾燥すると、正常にターンオーバーが行われないので、さまざまな肌トラブルを引き起こすことになるのです。

 

なぜインナードライ肌になるのかというと、主な原因は「乾燥」です。肌が乾燥すると、「脂を出して肌を守らないと」という作用が働きます。そして、皮脂が分泌されるのですが、水分は足りない状態のままなので、脂がどれだけ分泌されても、皮膚の内側は乾燥したままになってしまうのです。

 

でも、インナードライ肌は、正しい方法を続ければ改善します。見直して欲しいことは、洗顔は30度~35度のぬるま湯にする、落ちやすいメイクにする、角質にたっぷりと水分を与える、洗顔料を刺激の少ないものにする、クリームでしっかりフタをする、洗顔から保湿ケアまで短時間にする、という方法を守ることです。

 

また、化粧水や化粧品の成分も気にしましょう。化粧水はアルコールやエタノールが含まれていないもの、乳液は油分の少ないものを選び、ファンデーションの場合、リキッドファンデーションは避けましょう。保湿剤は、ヒアルロン酸やセラミドなどの保湿力の優れた成分が入ったものを使いましょう。

「ゆらぎ肌」のスキンケア方法

夏から秋へと変わる時期は、肌荒れをしやすいと感じる人も多いと思います。この季節の変わり目に肌が安定しないことを「ゆらぎ肌」と呼ばれます。そんなゆらぎ肌で困っている人に見直してほしいスキンケアの方法や、生活習慣のことなどをまとめます。

 

ゆらぎ肌の原因は、さまざまなことが考えられます。季節の変わり目には、温度や湿度が大きく変化するので、それが肌にとってはストレスになるのです。また、同時にホルモンバランスなども乱れやすくなり、免疫力が下がって、体も肌も疲れてしまいます。

 

ゆらぎ肌を改善する方法は、毎日の肌のケアと生活習慣を見直す必要があるのですが、特に何か新しいことを始めるわけではなく、1つ1つのケアを丁寧に優しく行うことが大切になります。

 

たとえば、洗顔の場合、夏は皮脂の分泌が多かったり、汗をかいたりするので、洗浄力の強い洗顔料でゴシゴシ洗いがちですが、季節の変わり目は、肌に優しい洗顔料で優しく洗うことが大切です。洗顔料は、洗浄力の強い界面活性剤が含まれない固形石鹸がおすすめです。タオルで拭き取る時も、摩擦によって刺激にならないように、優しくふわっと押さえるように水分を拭き取りましょう。

 

また、敏感な状態のゆらぎ肌のスキンケアも、シンプルなものを使いましょう。基本的に化粧水と乳液だけで、乾燥が気になる時は、部分的に保湿クリームを付けて保湿するようにしてください。いつも使っているスキンケアでも、肌のバリア機能が低下していると、刺激を感じたりしみたりすることがあるので、その場合は使用をストップしましょう。特に、高機能成分が含まれる美白化粧品やエイジングケアは、この時期は控えましょう。

 

クレンジングは、洗浄力の強いオイルタイプのものより、ミルクタイプやクリームタイプのものを使いましょう。目元や口元の濃いめのメイクは先に専用のリムーバーを使用すると良いです。

 

このほかにも、ベースメイクも低刺激なものにしたり、生活面では、栄養のある食事を心がけたり、十分な睡眠をとったりすることも大切です。

 

ビーグレン

>>それぞれのお肌のお悩みに対応するビーグレンの化粧品はこちらが参考になります!<<